読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なかブログ

日々の何気ないできごと,感じたことなどを徒然とつづっていきます。

市役所,銀行,郵便局にて。

長門のキャラソンのオマージュでタイトルをつけてみました(笑)


今日は有休というか雇用調整休日で休みだったので,
市役所で印鑑登録とその他証明書をもらいに行きました。
せっかくR21の北側まで行くのだったらと思い立ち,
十六銀行にも寄ってキャッシュカードの切り替え手続きをしてきました。
今まで使っていたのはICキャッシュカードだったのですが,
サークルKのATMもローソンのATMも使えないというどうしようもない仕様。
使える外部ATMはセブンイレブンとイオン銀行だけ。
大学時代は構内に十六のATMがあったので困らなかったのですが今は近所にどちらもない環境なのです。
ちょっとお金をおろすのに十六の支店まで行かなきゃならないのは不便すぎるので
通常仕様のキャッシュカードに戻してもらうことにしたわけです。


そんなこんなで手続きをしたわけですが,これがまた実に面倒でした。
銀行としてはICへの切り替えを推奨したいようですが,もう少し客の利便性を考えて欲しいなぁと。
まず,切替手数料が1,050円もかかりました。
まぁ切り替えたいというのはこちらのわがままだからそれくらいは仕方ないと思っていましたが,
どうもこれはカードの再発行扱いになるみたいなのです。
今使っているICキャッシュカードを解約して,改めて通常カードを再発行するみたいな。
切り替え用の用紙があるのかと思いきや,解約書類と契約書類を二枚書かされて,
行員からは「何でICから通常カードに戻すのか。何か不都合はあるのか」と詰問される始末。
(別にこんな口調ではないけれどニュアンスはこういうことだったわけで)
「コンビニで使えないから」と正直に答えましたが,通常カードに戻す客はそんなに悪なのか(笑)。
そして最後に極めつけだったのが,控えを渡しつつ行員の言った一言。
「口座が名古屋駅前支店にあるから書類を名古屋駅前支店に送ってそれからの手続きになる。
向こうでの手続きが完了してから10日程度で新しいカードが送られてくる」


えぇー!?(・д・)


そんなにかかるんですか!?と聞き返そうかと思ったけどやめました(笑)
その間は口座からお金を下ろせないではないかと思ったけど,仕方ないようです。
てかFAXとか電子メールとかいろいろ通信手段がこれだけ発達しているにもかかわらず,
書類を送ってから手続きとか時代遅れも甚だしいと思うのは私だけ?
中央サーバに照会してデータを登録するくらいのことができないのかなぁと思いますが。


さらに郵便局でもカードと通帳の再発行をしてきました。
これは不注意でどちらも紛失(たぶんどこかに紛れてるだけ)したので
1,000円の手数料を支払って再発行手続きをしたわけです。
こちらも通帳は1週間程度,カードは2週間程度で送られるとのこと。
まぁ郵便局口座はほぼ残金ゼロなのでカードの発行に時間がかかってもさほど困りません。


結局,金融機関への手数料だけで2,050円も支払った一日でした。