なかブログ

日々の何気ないできごと,感じたことなどを徒然とつづっていきます。

大学生活、一番の不満は「講義」(Yahoo!JAPAN)

大学生活、一番の不満は「講義」

 大学生活で最も不満なのは「講義」――ジャストシステムが10月18日に発表した、大学1年生に対するアンケートでこんな結果が出た。
 調査は、9月9日から11日にかけ、全国の大学1年生412人に対して、ネットで行った。
 今通っている大学に進学した理由のトップは「ブランドや魅力」(34.0%)、2位は「就職に有利だから」と「資格を取るため」が同率(33.5%)だった。
 大学生活の中で一番楽しいことは「友人と遊ぶ」(28.9%)がトップ。以下「サークル活動」(17.0%)、「趣味を楽しむ」(16.7%)と続いた。
 大学生活の中で一番不満なことは「講義が期待したほど面白くない」(21.1%)がトップ。2位は「キャンパスが遠い」(16.3%)、3位は「特にない」(11.9%)となっている。
 大学生活の満足度は、100点満点で平均61.1点、講義内容の満足度は同56.6点だった。
 理想の大学教授は、上位から順に北野武さん、太田光さん、三谷幸喜さん、イチローさん、タモリさんだった。
 教職員412人に対する調査も同時に行った。今の大学に欠けているものとして挙がったのは、順に「研究環境への投資」(36.4%)、「大学改革の前向きな取り組み」(35.4%)、「大学自体のPR活動」、「社会に出て役立つ講義内容」(29.1%)だった。(ITmediaニュース)

最近,買い物記録だけになりつつあるのでたまにはニュースから拾ってみたり.
大学生活で講義が不満というのはまずまず健全な考えかと思います.
大学の講義は基本的に大学教員がやるわけで,研究者としては優秀でも教師としては失格な人もいっぱいいます.
大学の先生は一度大手予備校の講義を見学すべきなのでは?と思ったり.
予備校の先生達はいかに授業に飽きさせずに多くの重要事項を教えるか日々研究していますからねぇ.
そういった授業に慣れている学生に淡々と教科書を板書するだけの講義なんて退屈以外の何物でもないでしょう.
あと大学に欠けているものとして「社会に出て役立つ講義内容」が挙がっているのも興味深いです.
私は以前から教養の講義に大いなる不満を持っています.
「日本史C1」とかいう講義名を掲げているのに講義内容は安土桃山時代の特定地域だけを取り上げていたり,
「文学B2」とかいいながら更級日記だけをピンポイントで取り上げていたり.
大学の教養科目はもっと概論科目を増やすべきだと思うのです.
広く浅く知識を備えているのが本当の意味での教養だと思います.狭い範囲の深い知識は雑学でしかないわけで.
公務員試験や教員試験を念頭に置いた教養の講義が展開すればいいのになぁと思ったりもします.