なかブログ

日々の何気ないできごと,感じたことなどを徒然とつづっていきます。

秋篠宮家に第三子生まれる

皇室がらみの内容はあまり気が進まないのですがあまりにもひどいので.
今日は朝からNHKも民放もこのニュースばっかりでちょっとうんざりでした.
別におめでたくないと言うつもりはありませんよ.
秋篠宮妃殿下が無事に出産されて母子共に健康であるということには心よりお喜び申し上げます.


じゃあ何がうんざりかというと「男児」が生まれたというところを強調して騒ぎすぎなところです.
mixiの日記を見ていても「男児出産でかした」とか「伝統がこれで守られる」とか
いつから日本人にここまで皇室崇拝主義者が増えたんでしょうか.


あとマスコミの報道内容が実にくだらない.
病院内の見取り図を見せながら「ここが分娩室でここが秋篠宮殿下が待機される部屋です」とか
16年前にプロポーズした横断歩道までレポータがわざわざ行って街頭インタビューとか.
もういいかげんにしやーせ(笑)


結局のところ,男児であろうと女児であろうと一人の人間としての尊厳は同じでしょうと思うわけですよ.
要は染色体が一本違うだけで人間として何ほどの差があるのかと.
天皇家やその周辺の人たちが「男児は必要,女児はいらん子」的な思想で
右往左往しているのを見ると吐き気がするほどむかつきます.
いつまであんたたちはそういった男尊女卑な思想で動くのかと.
そういう差別的な思想が皇太子殿下や皇太子妃をどれだけ苦しめているのかわからないのでしょうか.
mixiで見かけた行きすぎた人など「皇太子一家はいらないから外国に行け」というのもありましたし.
雅子さんにしても紀子さんにしても子作りをするために結婚したわけではなかろうて.
もちろん生活していく上で子供ができるのは自然の流れだけれど,
やれお世継ぎだ,やれ次の天皇だってプレッシャーかけられたら誰だって参るでしょうに…….
もともと雅子さんは外交官の出身でバリバリ仕事ができる人だからなおのことでしょう.


イギリスなどの例を見ても分かるように女王,すなわち女性天皇でいいでしょう.
女性を天皇に据えたからといって国が滅ぶとか妄言を言う人もいますが,
そんなで滅ぶなら滅びればいいし,そもそもそんななら皇室そのものの存在意義が危うくなります.
「伝統」がどうこういう人たちは未だに頭の中が鎖国状態といっても過言ではないでしょう.
「日本が唯一男系を維持しているからそれが世界に誇れる」という人もいますが
言い換えれば世界の趨勢から取り残された前近代国家であると自ら言っているようなもので誇りでも何でもありませんよ.


あー,長い文章書いたから疲れました(笑)
言いたいこと書いたから今日はこれでいいや.