なかブログ

日々の何気ないできごと,感じたことなどを徒然とつづっていきます。

時をかける少女

劇場版アニメーション「時をかける少女」公式サイト
http://www.kadokawa.co.jp/tokikake/


ネットを中心に口コミで人気が広がっているこの映画を見に行ってきました.
名古屋は名駅のゴールド劇場で公開されているのですが,12:40〜の一回のみなのでそれを見に行くことに.
……にもかかわらず家を出たのが12:15というギリギリさに我ながらびっくり.
バスは来ないし地下鉄で行ってもギリギリなので最終的にタクシーで映画館に.
あー,遊びに出かけるのにタクシーなんか使ったの初めてですよ(笑)


そんなこんなで劇場には5分ほど前に着くことができました.
パンフレットを購入して劇場の中へ.全席220のうち2/3程度は埋まっていたようなので140〜150人くらいの入りでした.


感想ですが文句なしの五つ星でした!
あー高校時代ってこんな感じだったなぁと思い出させてくれる映像が素敵でした.
岐阜はこれから公開(ユナイテッドシネマ真正16にて.8/19〜)なので知り合いにどんどん勧めていこうと思ったり.
もう少し詳しいレビューとしてmixiに書いたのをこちらにも書いておきましょうかね.

正直な感想としては「主役の声優がもう少しうまければなぁ」と言うのがあるけれどその点を除けば及第点.


「過去の失敗をなかったことにできる」
「楽しかったことをもう一度楽しめる」


時間は戻らないのが当たり前の世界に生きる私たちにとってこのことはとても魅力的なことかもしれない.
ただ作中でも触れられていたように自分が幸せになると言うことは誰かがその分不幸になるということ.
自分の幸せだけを求めて過去を修正したらその分誰かが不幸なベクトルに修正される.


作中では主人公がそのことに気づいて悩みながら成長していく過程が描かれる.
過去の些事にこだわって過去方向にしかかけていなかった主人公がラストシーンでは
未来に向かってかけていくという展開が実に良かった.

時は戻らない.
だからこそこの一日,一分,一秒を悔いのないように大事に生きていかなければいけない
と改めて考えさせられた良い作品であった.

映画の後は弟と待ち合わせている大須へ.
タイミングよくバスが来たので乗り込んで15時前には大須に到着したのですが…….
そこで目にしてしまったのです.献血コーナを.


「4年ぶりだしなぁ.どうしようかなぁ」
20秒ほど思案して結局献血に協力していくことにしました.
簡単な問診票に記入してからまずは検査のための採血です.
ここで血の濃度が薄いと「ごめんなさい」されてしまうわけです.


で,たぶん行けるでしょうと思いつつ臨んだ採血で注射器を腕に二回刺されました(泣)
私は腕の血管が細い方なのでありうるかもとは思っていましたがまさか本当に刺し直しになるとは!!
一回目で血管を探せなかったので二回目はベテランの人が一発で見つけてくれました.
見つかれば何のことはないのですが見つからないと何度も刺されたり中でぐりぐりされたりするのです…….


それはさておき検査は無事通過できたので次が本番なのです.
今回も前回同様400mL献血にしました(ていうか身長と体重の関係から200mLなんてチキンなことは言えない雰囲気なのですw).
ベッドに寝かされて,左腕にちくっとした感触がしてから待つこと約15分.
特に問題もなく無事採血は完了しました.書類を担当の人に渡してしばらく休憩です.
このときはジュース飲み放題でお菓子もつまみ放題なので,それを目的に献血する人もいるとかいないとか(笑)
10分程度休憩した後に,献血後の注意書きと献血手帳をもらって終了.
以前にもらった献血手帳を持ってきていなかったので新たに発行してもらいました.


無事に献血を済ませた後,弟の待つゲームセンタへ.
MJ3を通常モードでプレイして初段に昇格.その後雀荘モードで初勝利.
QMAはトーナメントで決勝に進めるものの4位で終了.最近不調だなぁ.


その後CDショップでALI PROJECTのアルバムを1枚購入.
栄のマナハウスで文藝春秋日経トレンディを購入して帰宅しました.