なかブログ

日々の何気ないできごと,感じたことなどを徒然とつづっていきます。

021/100-ストロベリー・パニック!〈1〉 (電撃文庫)

帯にでかでかと「正統派学園百合ノベル」と書かれていて「正統派……?」と思ったりもしたこの作品.
キャラクタの設定は公野櫻子が描くだけあってシスタープリンセスを彷彿とさせるというか流れを継承したような感じに仕上がっています.
私の場合はアニメを先に見ているので静馬は生天目仁美ボイスに,渚砂は中原麻衣ボイスにちゃんと変換されるので
比較的読みやすい印象ですが,そうでないといかんせん登場キャラクタが多いのでキャラクタの把握はしんどいかもしれません.
ストーリー展開としては「正統派」を名乗るだけのことはあって「マリみて」よりも踏み込んだ百合描写が多いですね(笑)
図書館で渚砂が逢い引きに遭遇するシーンでは「これはどこのフラ○ス書院文庫!?」とか思ったり(ちょっと大げさに表現してますけど).
1巻ではエトワール選の途中まででした.まぁ物語の展開上静馬&渚砂ペアが優勝するに違いないと見てますがどうでしょう?
2巻から3巻程度で完結しそうなのでアニメを見つつ続編に期待したいと思います.
評価:★★★☆☆(3/5)