なかブログ

日々の何気ないできごと,感じたことなどを徒然とつづっていきます。

萌えの対象が妹から姉にシフトした理由(from ものかきや控え室)

http://masa-1.air-nifty.com/mono/2005/03/post_12.html
該当部分を抜粋しますと,

んで、ちょっと通ぶった人は、「萌え」つーたら「『妹』がね…」と一般人に講釈垂れようとするのだが、「妹」はもう時代の先端ではない。現在はどっちかっつーと「姉」時代らしい。

こういう変化が生まれた背景というのは実に簡単で、要はオタどものマグロ化傾向がさらに悪化しただけのことなのだ。「妹」つーのはありていに言えば「この(キモイ)自分から逃げられない異性」だった。世のお兄ちゃんどもは、この少女の逃げ場を奪った上であーたらこたらしよう、と妄想を膨らませていたのだが、最近ではどうも「逃げ場を奪ってあーたらこたら」さえ面倒になってきたらしい。

で、向こうの方から自分に対して積極的にあーたらこたらしてもらおう、ということになった。かくして「妹萌え」よりも「姉萌え」のがもてはやされるようになったのだ。

オタの場合、自分よりも年長の女性というのは無条件でストライクゾーン外になるはずだった。だが、オタどもは自分の年齢の脳内設定の切り替えを行い、「自分は12歳のショタ少年なのだ」と思い込むことにより、自分の実年齢よりもずっと年下の少女を「姉」と強制的に認識させるというウルトラCをやってのけたのだ。

最後の段落の内容はさておくとしても(笑),「なるほどねぇ」と納得させられました.
確かにこういった理由ならば筋が通りますね.あのTo Heart2に出てくるタマ姉もまさにこのタイプの女性だし.