なかブログ

日々の何気ないできごと,感じたことなどを徒然とつづっていきます。

「国が燃える」休載へ

本宮ひろ志氏の「国が燃える」休載へ 集英社


 集英社は13日、「週刊ヤングジャンプ」で連載中の漫画「国が燃える」(本宮ひろ志作)を、28日発売号からしばらく休載することを明らかにした。同作は、旧日本軍が南京で市民を虐殺する様子を9月の掲載誌で描き、「真偽不明の写真を使っている」などの抗議を地方議員のグループや読者から文書や電話で受けていた。


 「国が燃える」は02年11月から連載。昭和初期の若い官僚の半生を描いている。集英社の編集部と作者で参考資料を再検証したところ、今年9月16日と22日の発売号に「不適切な資料を引用していた」という。集英社は「単行本で修正・訂正をし、『週刊ヤングジャンプ』誌上で経緯を読者にお知らせしたい」としている。(朝日新聞)

私は基本的にはこの手の話題にできるだけ触れないようにしたいと考えています.
ただ今回は騒動の本質が南京大虐殺の有無にあるわけではないので,少し触れてみようかと思ったわけです.
今回の問題は本宮氏が「証拠として価値のない写真を証拠として使った」点にあります.
南京大虐殺従軍慰安婦問題は未だに実際にあったのかなかったのかがはっきりしていません.
だから現時点ではどちらの立場を主張しても構わないだろうと思っています*1
ただこの手の問題で双方が持ってくる「証拠」が本物かどうかというところは大きな問題だったりします.
結構捏造されたものであることが多いので証拠に採用するときは慎重な調査が必要なわけです.
で,今回は漫画の中に使われた写真が既に捏造と認定されたものだったのが本宮氏の敗因でしょう.
あの写真さえ使わなければ「南京大虐殺はあった」派の漫画なんですねぇで済んでいたかもしれないわけですから.


しかしながら.確かに間違った証拠を持って思想展開した本宮氏に責任がないとは言いませんが,
それを鬼の首を取ったように抗議文書を送ったりして最終的に休載に追い込むというのもどうかと思います.
海燕さん*2も憂慮しているように抗議すれば休載に追い込めるという前例を作ってしまうのは危険です.

*1:もちろんそれぞれの立場間で揉めるのは止むを得ないところはありますが

*2:http://d.hatena.ne.jp/kaien/20041014