読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なかブログ

日々の何気ないできごと,感じたことなどを徒然とつづっていきます。

改善をアピールすることの是非

◇久しぶりに……

前職の塾のブログを見てみたら,
ライバル塾のブログの内容にかみついていた。
私が在籍していた頃からそんな感じだったけど,
お互いに意識しすぎだし,
ブログの使い方ってそういうもんじゃないだろうと
いつも思っていた。

それはそれとして,
今回やりあっていた内容に関しては
ちょっと気になるところがあったので取り上げてみる。

それは「改善点はアピールすべきか否か」という点である。

◇「改善しました」というアピール

先に登場したライバル塾は
4月から少人数クラスを導入して
授業料も値下げして生徒も増えている様子。
そういった状況をブログでお知らせしつつ
「改善した甲斐があった」
「これからも改善していきます」
とアピールしている。

それに対して私が勤めていた塾はブログで
「この業界は改善・改良は当たり前なのだから
いちいち喧伝するのは憚られる」
と噛みついているのだ。

どちらの言い分も間違ってない気がするけど,
「改善しました」アピールは何が問題なのだろうか。

◇「改善」に気づいてもらうためには前提がある

確かに日常生活における人間関係では
「努力してる」「自己研鑽してる」アピールは
煙たがられるだろうし,ちょっと恥ずかしい行為かもしれない。
けれど,そういったアピールなしに
その人の努力や改善に気づいてもらえるというのは
その人に注目している人がいる場合に限られるのではないだろうか。
その人をどうとも思ってない周囲にとっては
その人がどれだけ自分磨きをしたとしても関心を持たないのだから。

翻って,商売やサービスにおいても,
「改善された」「改良された」という事実を
自分からアピールすることなく気づいてもらうためには,
その「改善」「改良」を望んでいる層が
 ① 常にアンテナを張っていて
 ② 「改善」「改良」を伝え聞く手段がある
という前提条件が必要だと思う。

塾に通わせようかと思っている子どもの親ならば
おそらく①はクリアされるだろうから,
ポイントは②がクリアできるかどうかだろう。
そのライバル塾に通っている友達が身近にいなければ
塾の中身はわからないだろうから,
チラシやブログで積極的にアピールするのは自然な流れだろう。
そうすることなく,地道に改善・改良していれば
それに気づいてもらえるから大丈夫というのは
「客層はみな自分のサービスや商品に興味を持っているに違いない」
というある種の奢りとも言えなくはない。

実際に,ライバル塾の場合は
塾名で検索→ブログ発見→改善ポイントに共感→入塾問い合わせ
という流れが想定されるけど,
前職の塾の場合は,
塾生およびその保護者の口コミや宣伝を聞く機会がなければ
塾のWebやブログを見ても
どんな工夫がなされているかわからないという状況である。

実際,前職の塾で働いていたときにも
細々とした改善・改良はやっていたけど
前述の論を展開していた塾長こそが
気づかなかったり,気づいてもかなり経ってから
なんてことも良くあったしね……。

◇結局

みんながみんな積極的に情報収集しているわけではないのだから
ふらっと見に来た人を取り込むためには
「ここを変えたんですよ」「ここが良くなったんですよ」
とアピールしていけばよいと思う。
学習塾の数が増えすぎて
コンビニ感覚で選ぶようになったこの時代,
いかに一見さんを取り込むかがキーになりつつあるのではないだろうか。

◇蛇足

ただ,気をつけなければならない点が一つ。
積極的なアピールをするということは,
結果的に客側の要求のハードルが高くなりがちという点。
提供する側の「こんなに良くなりました」と
客側の「これくらい良くなったに違いない」が
一致あるいは提供側が上回っていないと
客側に「がっかり感」を与えてしまうことになる。


今日は参院選ですが,
各党の公約やマニフェスト(すでに死語ですか?)も
今回の件と似たような構図かも。
「高速道路無料化します」「ガソリン税撤廃します」
などとアピールした結果がアレだった民主党
私たち国民に与えた「がっかり感」と言ったらねぇ( ̄∇ ̄)

健康診断を終えて

5月に体重が5kg増えていたとショックを受けたのに,
その後も特に対策することなく2ヶ月が経過。
そして今日の健康診断を迎えたわけですが……。

体重が80kgの大台直前まで来てました(゜ロ゜)

まぁほぼ毎日体重を測ってはいるので
まったく気づかなかったわけではないけど
これはまずい状況だなぁ。
なんとかせねば。

驚愕の事実

久しぶりに体重計に乗ったら,
体重が……5kg近くも増えてたさ。

これはまずい。
最近ワイシャツとかスラックスが
少々きついような気はしていたけど。

せっかく70kg台前半まで減らせたのに
ここでリバウンドしたら二度と戻れないおそれあり。

とりあえず間食を少なめにして,
夕飯も目一杯食べないようにする,
という辺りから始めようかと思います。

充実した休日

今日は久しぶりに充実したというかフル稼働した一日だった。

そもそも前日12時過ぎに寝たのに
なぜか午前3時過ぎに目が覚めてしまい,
そのまま眠れない状態に。

6時過ぎから洗濯をしながら
ベランダと室内をつなぐダクトの掃除。
それと平行して部屋の模様替え。
色々考えて本棚をベストの位置に移動できた。

午前中は荷物の受け取りを何件か予定してたので
とりあえず予定の分を全て受け取ってからシャワーを浴びる。

12時頃にセブンイレブンでオークション商品をメール便で発送。
そのついでにお昼ご飯を調達してきた。
話題の「金の食パン」があったのでそれも併せてゲット。
ミミまでやわらかいヤマザキパンもいいけど
このパンもなかなかにもっちりしてて美味しかった!

昼食後にスーツ上下をクリーニングに出して
自転車でいざ大須方面へ。
まずは,イオンタウン千種で自転車の空気を充填。
前輪と後輪でなんとなく空気圧が違う気もしたけど大丈夫か?
途中,鶴舞周辺の古書店に立ち寄るものの
さほど特に欲しいものが見つからなくて残念。

大須に着いて,最初に向かったのが献血ルーム
前回が1月なのでおよそ4ヶ月ぶり。
きっちり400mL採血してもらった。
休憩で飲み物やらお菓子やらちょっと食べ過ぎたかも。
献血のポイントがたまって景品と交換できるというので
シリコンスチーマーに交換してきた。
一つ買おうかと思っていたところだったのでありがたい。

電気街を一回りした後,
まんだらけ」で「咲 -阿知賀編-」の5巻を購入。
書店は軒並み売切れだったので,
中古美品で少し安く手に入ったのはラッキーだった。

来るときは色々立ち寄ったけど
帰りはほぼどこにも寄らずに帰宅したら,
およそ30分で帰宅できた。
大須まで片道30分で行けるなら
これは自転車一択だなぁと新たな発見ができた。

書店での注文

ここ最近というか大学院を出てからは
めっきり書店で本を注文することがなくなりました。
書店で目にとまった本や雑誌を買うことはあっても,
注文はもっぱらAmazonなどのネット書店でというのが
通例になっている今日この頃だったのですが。

今日,10年以上ぶりに書店で注文してきました。
高校の教科書が必要だったのだけど欲しいものは在庫切れ。
教科書は特定の書店でしか買えないので
店頭で注文してきたのです。

そして店員さんから渡されたのがこれ。

f:id:ryo220:20130507193520j:plain:h250

めっちゃ懐かしい!
てかまだこれを現役で使ってるんだ!

正式名称は「客注伝票」。
学生時代は大学生協の店舗で
かなりの頻度で書籍や雑誌を買っていたので
財布の中には常に何枚かこの伝票が入ってました。
その書店でバイトもしてたので
よく文系の教授が何十冊もの書名リストを持ってきて
それを客注伝票に書き写すという作業がありました。
当時は文系の書籍は鈴木書店(10年くらい前に倒産),
理系の書籍は西村書店
教科書系は日教販,残りは日販と
取り次ぎがまちまちだったので,閉店後に分類して
それぞれの取り次ぎ用の番線印を押していたのを思い出しました。

ところで,自分の中では客注伝票に替わる
新しいシステムができているのだろうと思っていたので
「まだ現役!?」と思ったのですが,
下記サイトを読む限り,
「この客注伝票でないと発注を受けない」
というシステムはバリバリ健在のようです。

本の注文方法〜書店が出版社にどうやって発注しているか〜

そういえば大学生協も含めて
しばらく研究室にも顔出してないなぁ。
久しぶりに母校へ遊びに行ってみようかな
と思った平日の昼下がりでした。

国民栄誉賞授賞式を見て思ったこと

昨日はたまたま休みをもらえたので
実家に顔を出してきた。
その際,たまたま松井秀喜氏と長嶋茂雄氏の
国民栄誉賞授賞式のテレビ中継を目にした。

様々な考えの方がいるので,
あくまで私見であることを断った上で,
率直な感想を述べさせてもらえば,
「なにこれひどい」というものであった。

なにがひどいかと言えば,長嶋氏である。
松井氏については引退セレモニーでも授賞式でも
簡潔なスピーチで実にスマートな印象だった。
一方の長嶋氏は,脳梗塞の後遺症が未だ癒えず
正直見るに堪えない姿であった。
歩くのもおぼつかず,麻痺で右手が使えないために
周囲がサポートすることで
やっと賞状や記念品を受け取り,
スピーチも呂律が回らず聞き取りにくいものであった。
「こんなみっともない状態を表に出してはいかんだろう」
と心底思ったものである。

私自身はさほど野球に思い入れもなく,
チームとしての巨人や松井氏,長嶋氏にも思い入れがないので
どうしてもドライな見方になってしまうが,
逆に熱狂的な巨人ファンや松井・長嶋両氏のファンは
あの様子をどう受け取ったのだろうか。
解説席にいた徳光氏などは
終始「素晴らしい」「ありがとう」の連呼であったが,
ファンは長嶋氏のあのような姿を本当に見たかったのだろうか。
自分がファンだったら応援してきた名選手の
あのような姿は見たくない。
大好きだった歌手が懐メロ特番に出演して
声が全く出てなくてがっかりするのと同じ感覚である。

長嶋氏をスターとして賞賛し,
その功績を讃えての授賞であるならば,
もっと彼の尊厳を尊重するべきではなかったのだろうか。
普段なら首相官邸で粛々と行われるものを
わざわざ東京ドームに舞台を移し,
大観衆の中で晒し者にする必要はなかったはずである。
長嶋氏本人がどのように感じていたかは
本人のみぞ知るところだが,
あの状況を心から喜んでいたとは到底思えない。

松井氏と長嶋氏に国民栄誉賞を授与すること
そのものの是非についての議論はさておくが,
どうせ授与するならのであれば
まだ元気だった頃に授与すべきだったと思う。

時の政権の人気取りの材料として弄ばれ,
結果的にまだ回復していない姿を
多くの人々に晒すことになった長嶋氏には同情を禁じ得ない。
また,そういった面に対する配慮が
全く見られなかった安倍総理や日本テレビには
何となく醜悪なものを感じてしまった日曜の午後であった。。

Duo 3.0

生徒に教えるついででDuo3.0を読み返したのだけど,
「そういえばやたら不遇なキャラが出ていたよなぁ」
と思いネットで検索したらちゃんとまとめてありました。

The tragedy of Bob (英単語帳DUO例文のアイドルBOBの活躍まとめ) - NAVER まとめ

DUOのBob ちりがつもりて、風がふく。

そうそう,ボブでした。
序盤から扱いがひどい上に,読み進めていくとどんどんひどい状況になるという。
無機質な暗記作業を楽しくさせてくれるという意味では
非常にありがたい存在ではありますね。

DUO 3.0

DUO 3.0


DUO 3.0 / ザ・カード

DUO 3.0 / ザ・カード